掛け軸の表装・表具のご相談は、静岡県浜松市 天象堂画廊へ

天象堂 創業三十年 表具・表装の専門店 会社情報 お問合わせ
トップページへもどる

表具・表装とは?
表装例ギャラリー
掛け軸のしまい方をお手入れ
掛け軸の種類と選び方
掛け軸を飾る
表具・表装とは?
表装とは、掛け軸や巻物、屏風、襖(ふすま)などをつくる仕事で「表具」ともいいます。
日本に、掛け軸が伝わってきたのは、西暦538年頃、中国からでした。
室町時代に掛け軸の鑑賞が盛んになったことから、数多くの表装の技が考え出され、江戸時代には今日ある表装の技術が完成したと言われております。

時を経て受け継がれる表具師の技

裂地表装の中でも「掛け軸」が最も難しいと言われております。

さまざまな色や柄の布地を組み合わせ、作品が最も引き立つように仕立てるのは、長年の修業で培った経験とセンスが必要です。


再表装また、シミや虫食い、汚れなどでボロボロになってしまった掛け軸の修復は、再表装といわれ、表具師のすぐれた技が生かされています。
現在では、表装の仕事も機械化が進み、手仕事の部分が減りつつありますが、美しい作品をより美しく見せる表具師の繊細な技は、今も受け継がれています。

様々な表装の形式

掛け軸の用途や本紙(作品)の内容などによって、表装の形式は使い分けられます。
ここでは、その中から代表的な表装の形式をご紹介いたします。

大和表装(三段表装)
大和表装(三段表装)
丸表装
丸表装
茶掛表装
茶掛表装
仏表装
仏表装
現代表装
現代表装

さらに三つの形式に細分化

大和表装・仏表装・丸表装は、さらに真・行・草に細分化されます。一文字の上下をつないで本紙をぐるりと取り巻いた格好のものを真、一文字のあるものを行、一文字のないものを草といいます。
簡略型の草であれば、格式ばらず、遊び心のセンスを楽しむものだということがわかります。

行の行
行の真
行の行
行の行
行の草
行の草
表装・表具の専門店 天象堂画廊 お気軽にお問合わせください!
TEL 053-472-5389
FAX 053-474-1796
クリックすると詳細地図がご覧になれます(新しいウィンドウが立ち上がります)
株式会社 天象堂
〒433-8122 静岡県浜松市中区上島6丁目4-19 TEL 053-472-5389 FAX 053-474-1796
Copyright © 2007 天象堂 All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。


掛け軸・絵画販売◆インターネットショップも運営しております!
掛軸堂画廊 本店(新しいウィンドウが立ち上がります) 掛軸堂画廊 楽天店(新しいウィンドウが立ち上がります) 掛軸堂画廊 Yahoo!店(新しいウィンドウが立ち上がります)